新生活を迎える社会人をサポートする総合情報サイト

>

「社会人」が人から要求される心構え

自治体が「社会人」に求める心掛け

町内会やPTAのような地域における自治共同体は、地域ごと家庭環境ごとに求められる役割が異なってきます。

町内会の場合は、地域における共同体の一員として、町内会の規模に応じた役割を果たしたり、ローカル・ルールを守ったりすることによって、人間関係の円滑化や地域共同体が管理に関わるゴミ捨て場のような公共性の高い場所の利用をスムーズに行うことにつながり、こどもがいる場合に限定されますが、PTAはこどもの交友関係や保護者間の付き合いに影響をもたらすことから、役割を果たさないとそれなりの悪影響が生じるでしょう。

強制力や罰則はないかも知れませんが、自治共同体において一定の役割を果たすことは、「社会人」とその家族が地域で生活を送るための最低限のルールであることを理解し、無理のない範囲で地域に貢献することを心掛けておくべきです。

社会の最小単位である家庭での心構え

家庭は社会を構成する最小の単位であり、実生活面における社会生活の要といえるでしょう。

家庭の在り方は最も多様性に富み、単身と世帯に大別することこそできるものの、その在り方は決して一様ではないために、家庭において求められる役割は様々です。

単身であれば、家事全般と各種公共料金の支払い、財政の管理程度で済みますが、一度世帯を持てば、夫ないし妻としての役割にはじまり、こどもがいれば親としての役割、片親であれば両親としての役割といった具合に分化していくだけに留まらず、無数の責任と役割が求められることになっていきます。

仮に、家庭の中において「社会人」としての役割を果たすことができなければ、国・組織・自治体において役割を果たすのに支障をきたすことを肝に銘じて、コミュニケーションを欠かさず、思いやりを持って行動することで家庭の下地を整えつつ、家庭環境に応じた役割を果たすことを心掛けねばなりません。