新生活を迎える社会人をサポートする総合情報サイト

>

企業においての「社会人」と求められる精神性

企業から「社会人」に求められる心構え

無数にある社会の中で「社会人」に求めるものが最も体系化されているのは、組織に類される企業や会社によって構成される組織社会で、行動力・思考力・組織力の三つが柱となっています。

ある程度の具体性があり、行動力は主体性と統制力、実行力で構成され、思考力は分析力、計画性に加え創造性によって構成されるので、両者とも三要素で構成されていますが、組織力に関しては、発信力・理解力・柔軟性・把握能力・規律性・ストレス管理能力の六つの要素で構成されているのがスタンダートです。

この、行動力・思考力・組織力の三つを身に着けることや、所属する企業や会社の業務に必要とされる能力を獲得するために努力を継続することが、企業や会社から求められる「社会人」の心構えであると言えるでしょう。

「社会人」にとって企業は社会の一つ

日本の「社会人」にとって企業や会社といった組織は、国民の三大義務を果たす為に欠かせないことから、国・組織・自治体・家庭、全ての社会で義務を果たすにあたって、強い影響力を有するために、国・自治体・家庭の三つの社会と比べて重視される傾向が強く、会社人間や仕事人間のように、他の社会との関わりを軽視する「社会人」も度々現れますが、社会が複数ある以上、その関わり方に優先順位をつけるのはやむを得ずとも、組織以外の社会で役割を果たさないのは、「社会人」として健全な在り方とは言えません。

「社会人」の義務との関わりが密接ではあるものの、あくまで組織は、複数ある社会の一つに過ぎず、組織だけで役割を果たし続けたとしても、自治体や家庭での役割を疎かにすれば、地域や家庭内での孤立を招くことも十分に有り得ることを理解しておく必要があるでしょう。