新生活を迎える社会人をサポートする総合情報サイト

>

社会で「社会人」としての心構えを問われる理由

そもそも「社会人」とは何か

「社会人」とは一体どのように定義されているのか、考えてみたことはありませんか?

一般的には社会に参加し社会を構成するための役割を果たしている人が「社会人」とされるわけですが、参加する社会によって社会の構成員として求められる役割にも相違が生じますよね。

例えば、一番わかりやすく最も大きい社会は国となり、日本という国が「社会人」に求める役割は、憲法に明記される教育・勤労・納税、の三つの義務、いわゆる国民の三大義務を果たすことになるわけですが、これはあくまで日本という社会で「社会人」に要求される義務であり、国ごとにその要求は異なります。

更に、社会は最大単位である国を構成するにあたって、複数の社会が重複して存在し、それぞれの社会において「社会人」としての要求されることになることを踏まえると、「社会人」を一口に「社会人」という言葉で括ることは難しいと言わざるを得ないのです。

様々な「社会人」の在り方

国を最大の社会と考えた時、社会を単純化して捉えると、国・組織・自治体・家庭の四層に構造分けが可能で、国・組織(教育機関)・自治体・家庭の四つに属すこどもは「社会人」として扱われず、国・組織(企業・会社)・自治体・家庭の四つに属すのがいわゆる「社会人」になります。

要は、国・組織・自治体・家庭の四つの社会において役割を果たすことこそが、「社会人」に求められ、その役割を果たしてはじめて「社会人」として遇されることから、どんなにシンプルに考えたとしても「社会人」は四つの社会において役割を全うせねばならない上に、どの社会においても「社会人」としての心構えを求められることになるわけですが、属する社会が複数ある以上、「社会人」の在り方も異なり、要求される精神性にも違いが生じると考えて間違いありません。