新生活を迎える社会人をサポートする総合情報サイト

「社会人」という言葉が意味するものや、社会において「社会人」に求められる基本的な要素について大まかに触れると共に、複数の層から成り立つ社会における「社会人」のあり方に対する私的な見解をまとめることによって、「社会人」という言葉が持つ社会的な意味について考察しています。

一般的に社会や「社会人」という言葉が指し示すところの大きい、企業や会社を含む組織社会における「社会人」という言葉の意味するところや、組織社会が「社会人」に求める能力とそれを踏まえての心構えに加えて、「社会人」と組織社会の関わりに対する意見を述べました。

「社会人」という言葉に対する考察

社会から「社会人」としての心構えを問われるのが何故かといえば、「社会人」としての心構えや心がけが不足していると「社会人」としての役割を果たすに当たって、不都合が生じるからに他ならず、社会において役割を果たせない者を「社会人」としては扱えないからです。

もちろん、「社会人」一年目の人物と一〇年目の人物に同様の役割を要求することはできませんが、いずれの人物にも社会において役割を果たすことが求められることは決して変わらず、その役割を果たせる者こそが「社会人」足るとも言えます。

とはいえ、国を主軸として形成される社会は単一の社会とは言い難く、簡略化したとしても国・組織・自治体・家庭の四つは存在することから、「社会人」としての役割が求められる社会もまた少なくとも四つはあると考えるべきでしょう。

それぞれの社会で求められる精神性は、社会の求める役割によって異なりますが、教育・勤労・納税の三大義務を課す国と、経済活動をするための基本能力に当たる行動力・思考力・組織力を求める組織では求められるものに、重複が見られることも手伝って、企業や会社といった組織で「社会人」としての役割を果たし、役割に求められることになる能力の習熟や技術の獲得を継続する心構えが、国や組織といった社会では重視され、自治体では公共物を利用したり近所付き合いを円滑に行う為のマナーを守ったり解そうとしたりする姿勢、家庭については思いやりとコミュニケーションによる家庭環境の下地の構築が「社会人」に最低限要求される素養であり、両者を軽視しない心掛けが欠かせません。

本項は、社会を構成する小社会である自治体と「社会人」の関わり方、社会を構成する最小社会であろう家庭での「社会人」の在り方についての私見を併せて提示し、自治体と家庭、両社会にあっての「社会人」の在り方とその心掛けを比較することを試みたページです。